アラフォーだけど幼馴染の女友達(20代)と3Pできましたwwww

同級生で幼馴染の、友達A(♂)が離婚した。


あれは多分、5年前の38歳の時だったと思う。


独りになって寂しがってるんじゃないかと思い、離婚3ヶ月後くらいの時にAの家を訪ねると、女友達が2人も来ていて飲んでいた。


しかも2人とも可愛いし若い!


よくよく聞けば、Aはそのうちの1人のB子(当時27才)とは既にエッチはもちろん、半同棲中だという。


B子は酒がダメで飲んでいなかったが、もう1人はかなり飲んでいた。


Aの携帯が鳴り、もう1人の女友達C美(当時26才)が来るとの事。



3人も女を呼べるのかよ?



なんて驚いていたら、なんとそのC美とAとB子の3人は、3Pもしたと言う…。



それを女友達と俺に平気で話してきたし、話されたにも関わらずB子は平気そうだった。


続きを読む

私のマッサージで勃ったお客さんが可愛くてアソコを触ってあげた結果・・・・・

普通のマッサージのお店で働いてます。 
年齢は26で、顔は悪くはないと思いますがよくもないです。 
背は165センチくらいで、体重は50キロくらいで、同い年の彼氏がいます。 
彼氏がいますが、この前ちょっとえっちな仕事をしてしまいました。

うちのお店はアロマとかやってない普通のマッサージのお店なので、男のお客さんが結構きます。 
仕事帰りのサラリーマンとかもいて、よくくる人とは世間話とかしながら施術したりしてます。 
女だからっていうのもあるのかもですが、私を指名してくれるお客さんもわりといます。

で、そういうお客さんの中でYさんというサラリーマンの人がいて、この人が明るくて面白い人で、 
年下なのでタイプではないんですがイケメンで、ひそかにいつも揉むのを楽しみにしてるんですが、 
この前その人とちょっといけない状況になってしまいました。


続きを読む

バスの前の席にいる人妻に痴漢したら向こうもその気になって・・・・・

ふたつの悪い癖が出ました。 
昔から暗くなると変に興奮するんです。 
そして、年上の女性に興奮するんです・・・。

このあいだ、とある東京までの夜行バスに乗りました。 
いつもは使わないのですが、どうしてもお金がなかったので。

案の定狭いシートに詰め込まれて、バスの前方が男性とカップル。後部が女 
性のみに分けられたのですが、僕はギリギリに予約したからなのか、なぜか 
女性の席の方でした。 
後ろは4列ほど。女性ばかり。 
前は小学生くらいの男の子と女の子を連れた地味な女性でした。


続きを読む

童貞が付き合って二ヶ月の彼女とカーセックスでびしょ濡れwww

臨場感たっぷりにってあるから、細かく書いてたらすごく長くなっちゃった。

俺21童貞 彼女23非処女 
付き合って二ヶ月。 
俺にとっては初彼女。彼女が非処女であることは知っていた。 
俺はマニュアル君だったな・・・。

いざ本番になったらちゃんと勃起するか、満足させてあげられるのか不安だった。 
一番心配してたのは、早漏だったらどうしようってことだった。

五月下旬、ドライブに行った。お台場のあたり。当時はまだ今ほど開発されてなくて、人気のない暗い場所に車を停め、 
運転席と助手席でリクライニングにして横になってしゃべってた。 
そしたら彼女が俺の頭をなでたり、手を握ったりしてきた。もうそれだけでこっちは勃起。
ああ、EDじゃないんだと安心した記憶がある(笑)。


続きを読む

悪友の寝てる前で妻を犯したらめっちゃ興奮してたwww

初めて投稿します。

先日に思いがけない体験を妻と経験しました。

 私35歳 妻28歳 仲のよい夫婦です。ちなみに妻はスタイルもよく顔はスザンヌによく似てると言われます。 
先日(11月15日)妻と久しぶりに外食でもと思い会社から妻に電話をかけ 
 私「もしもし、俺、久しぶりにご飯食べに行く?」 
 妻「えっ急にどうしたの、何かあった?」 
 私「別に、たまにはイイかなって、」 
 妻「ふ~ん、じゃあ今から用意するね」 
 私「なるべく早くね」 
30分後家に着き、 
 私「お~い、いくぞ~」 
 妻「え~っもう、ちょっと待って」 
私は妻の声が聞こえる部屋に行き、ドアを開けると妻は下着姿にパンストを履いた状態でした。 
 妻「あ~ん、どれがいいかな?」 
 私「そのままでいいんじゃない」 
 妻「馬鹿、いけるわけないでしょ」 
 私「早くしろよ」 
 妻「すぐ行くから車で待ってて」 
妻が出てきたのはそれから10分後でした 
お店に着き、久しぶりの外食にお互いお酒も進み私は車で来ていることも忘れ、 
程よく酔ってしまいました。 


続きを読む

酔っ払った激カワな女を持ち帰って挿れたら覚醒したのでそのままピストンwwww

この前飲んでたら終電逃したんで、タクシー捜す前にトイレ行くかって改札近くのトイレ行ったら、入り口でかなり酔っ払って座りこんでる大学生位の女の子を発見。


普段なら無視するんだけど、かなり色白で可愛かったのと、俺の目の前で座り込みからパタンと倒れたので心配になって声をかけた。


「大丈夫ですか??」←敬語


「あーーーーありがとーーー。

うん、大丈夫、今行く今行く」


と何だか錯乱というか、知り合いと思われてる??って感じだったんで


「いや、誰かと来てるの?終電なくなっちゃったよ?知り合いは?」


と聞いたんだが、


「あーーーーありがとーーー。

うん、大丈夫」


と壊れたテープレコーダーみたいになってた。


続きを読む

人妻の娘に性交がバレたので条件を提示してみたwww

真衣は、人妻由美子の娘だ。


由美子は、元旦から俺にたっぷり犯され調教されたきた性奴隷だ。


..詳しい事は後日書く事にする。


旦那が単身赴任で留守な事を良い事に、俺は頻繁に家に出入りし、彼女

を外出させたりしていた。


「堪忍してください」

と涙ながらに言ってくるのだが、元来Mの気があったようで、強く命令

してやると、最後は命令を受け入れる。


色々最もらしい理由をつけ誤摩化しているようだとはいえ、流石に娘も

何かを感じたのだろう。


隙を見て、母親の携帯を調べたのだ。


.


其処には、俺との日々の証が。


.

意を決して俺に電話してきた。



続きを読む

俺を励ましてくれた女先生に初めての相手になってくれと告白したら・・・・・

当時、俺は特に暗いわけでもなく、かといってクラスの中心的存在でも無いごくフツー 
の高校3年生で、年相応に色気づいて身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、 
実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という奥手な高校生だった。 
異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、不満はないけど満足感には欠ける少なくとも 
青春真っ盛りという生活とはかけ離れた毎日を過ごしていた。

一方、勉強面はといえば、私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、そっちの 
方面はそれなりに忙しかった。 
特に3年になると正規の授業の他に「補講」と呼ばれる週2回放課後に実施される受験 
対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択 
した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。


その補講で俺は英語と古典を選択していた。 
大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて 
受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々 
古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の 
先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。 
つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があれば 
いいなーというやや不純な動機もあったってわけなんだ。


続きを読む

父に言われ成人式までお手伝いさんとセックステクの練習をした結果・・・・・

俺の実家での話なんだけど、18歳の誕生日から20歳の成人式までの2年間、セックストレーニングをさせられた。 
俺は今24歳。 
俺の実家ってのは、西日本の某県である町の名士。江戸初期から続く老舗。 
いろいろ家訓があってね。 
たとえば 
≪男は十五になるまで婦女子とまぐわうべからず(セックスするなってこと)≫ 
≪一五の成人からは、嫁を娶る(めとる)術(すべ)を学び子孫繁栄の術を身につけるべし≫ 
≪色に狂うは地獄への坂道なり。女遊びするべからず≫ 
とかね。もちろん稼業に関すること。生活や近隣住民との付き合い方などいろいろな家訓がある。 
小さいころから厳しく育てられてきた。時代が違うって感じだが、代々そうしてきたからね。俺自身は不自然にも不服とも思わなかった。 
ただ、十八歳の誕生日のとき、度肝抜くようなことが起きて、それから二年間俺はみっちり嫁を迎えるための準備をさせられた。 
なにかと言うと上に書いた家訓の2個目ね。昔は15歳は成人式だが今は20歳。 
で、20歳までの2年間、みっちり子作りのための練習をさせられたわけ。


続きを読む

挿入が怖くて互いに愛撫をし合っていたけど、ある日の体験で・・・・・

学生時代にお付き合いしていた男性は、10歳も年上の会社員でした。


私はまだ処女でしたが、強引にセックスを求めてこない彼に対し、同世代の男子学生にはない大人の余裕みたいなものを感じ、いつかは彼と結ばれたいと思っていました。


最後の一線をなかなか越えられなかったのは、ただ単に挿入時の痛みが怖かったからです。


当時の私は生理用のタンポンすら怖くて入れられず、男性のモノを受け入れるなんていう勇気はありませんでした。


挿入そのものは拒みながらも、私は彼に身体を触られる事自体に抵抗はなく、むしろ歓びを感じていました。


彼が1人暮らしをしている部屋に行っては、何時間も彼からの愛撫を受けていました。


続きを読む