ロリ妻と夫婦旅行に → 2×7の乱交

当時、俺30歳・妻27歳。 
妻と出会って2年ほど交際して結婚。1年後に男の子が生まれた。 
F県でサービス業界の中堅企業に働く至って普通の男、妻は結婚してからは専業です。 
互いの両親とも仲良くやっており、まあ良くも悪くも極普通の男と思って頂いて結構です。
恋愛経験も人並みだと思う。ただ妻によく言われるが、典型的なO型で人付き合いも好きで、好奇心旺盛な細かいことは気にしない単純なS男。 
顔は老けて見られるので決して良くないと思う。 
妻は出会った当時幼稚園でバイトしていた。 
俺はあまり意識しないんだが、電車で痴漢にあったり園の父兄に口説かれたりした事もあったみたいなので、 
ルックスは少なくても人並みはあると思う。 
身長は157で体重は45キロ。スリーサイズは覚えていないが胸はDカップ。後、足が体系の割には長い。 
子供は好きだが男性に対しては非常に人見知激しく大人しいM性格。その為、経験人数も俺以外で2人。

それで、子ども生まれて全然旅行とかも行けなかったし、俺も仕事で疲れまくっていたので溜まった有給使って妻と二人で 
隣の隣の県にある田舎の穴場的なホテルに1泊夫婦旅行に出掛けた。 
スローライフ的にのんびりしたかったので、車じゃなくてJRやローカル線を使ってのんびり移動。 
子供は妻の実家に預かって貰った。


続きを読む

童貞が付き合って二ヶ月の彼女とカーセックスでびしょ濡れwww

臨場感たっぷりにってあるから、細かく書いてたらすごく長くなっちゃった。

俺21童貞 彼女23非処女 
付き合って二ヶ月。 
俺にとっては初彼女。彼女が非処女であることは知っていた。 
俺はマニュアル君だったな・・・。

いざ本番になったらちゃんと勃起するか、満足させてあげられるのか不安だった。 
一番心配してたのは、早漏だったらどうしようってことだった。

五月下旬、ドライブに行った。お台場のあたり。当時はまだ今ほど開発されてなくて、人気のない暗い場所に車を停め、 
運転席と助手席でリクライニングにして横になってしゃべってた。 
そしたら彼女が俺の頭をなでたり、手を握ったりしてきた。もうそれだけでこっちは勃起。
ああ、EDじゃないんだと安心した記憶がある(笑)。


続きを読む

悪友の寝てる前で妻を犯したらめっちゃ興奮してたwww

初めて投稿します。

先日に思いがけない体験を妻と経験しました。

 私35歳 妻28歳 仲のよい夫婦です。ちなみに妻はスタイルもよく顔はスザンヌによく似てると言われます。 
先日(11月15日)妻と久しぶりに外食でもと思い会社から妻に電話をかけ 
 私「もしもし、俺、久しぶりにご飯食べに行く?」 
 妻「えっ急にどうしたの、何かあった?」 
 私「別に、たまにはイイかなって、」 
 妻「ふ~ん、じゃあ今から用意するね」 
 私「なるべく早くね」 
30分後家に着き、 
 私「お~い、いくぞ~」 
 妻「え~っもう、ちょっと待って」 
私は妻の声が聞こえる部屋に行き、ドアを開けると妻は下着姿にパンストを履いた状態でした。 
 妻「あ~ん、どれがいいかな?」 
 私「そのままでいいんじゃない」 
 妻「馬鹿、いけるわけないでしょ」 
 私「早くしろよ」 
 妻「すぐ行くから車で待ってて」 
妻が出てきたのはそれから10分後でした 
お店に着き、久しぶりの外食にお互いお酒も進み私は車で来ていることも忘れ、 
程よく酔ってしまいました。 


続きを読む

うちの妻が浮気するかどうか友人に相談してみた結果・・・・・

再婚相手の今の妻はみどりが結婚後も続けていた仕事を辞めたのは職場の上司に言い寄られたからでした。 
割とおとなしい性格のみどりはバンと跳ねつける事が出来ないでそれとなく私に相談してきました。

その時はその上司に腹が立って会社に行くといきまいていたのですがみどりにどうしてもやめて欲しいといわれてとどまりました。 
それから時間がたつほどに「本当に言い寄られただけで、何もなかったのか?」という疑惑が湧いて来てそれが抑えれなくなってきました。 
ただ、依然みどりと夜のHのさなかに冗談で「みどりは結婚してから浮気はしてないの?」
と聞いたときに「なにそれ!」ととてもきつくしかられたことがあり冗談でも聞きにくい状態でした。 
そのイライラが溜まっていたときに友人の東に東の奥さんの浮気話をされました。 
東の奥さんはみどりと違いとても肉感的でHは雰囲気を常にかもしだす大人の女のと言う感じなので 
東に「浮気をされてまいったよ」と言われた時も浮気が似合うよなっと思ったくらいでした。 
東は奥さんの浮気に悩んでいる様子もなく「浮気してからやけに夜も激しくなった」 
「知らん振りしてるのも主導権を握っているようでいいぞ」などと言っていました。 
理解できない内容だったのですがその話をきっかけに自分の疑惑を東に話しました。 
「みどりちゃんはうちのと違って浮気するタイプには見えないけど」 
と東も笑っていうのですがどうしてもその疑念が解けない私は東にいろいろと小さな気になることを話しました。 
私があまりに熱心に訴えるので「じゃ、みどりちゃんが浮気をするかどうか俺がためしてやろうか?」と東が言い出しました。 
さすがに即答できずその場は笑って終わったのですが


続きを読む

巨乳でエロい自慢の彼女が兄としていた会話に言葉を失いました・・・・・

———

高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。 
まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。
"ロリ巨乳"という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。 
チサトを狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。

そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。 
最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも「ラブラブだな」とよく言われる。 
未だにチサトに交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。 
お互いに浮気なんてしなかったし、俺はチサトとの結婚まで本気で想像していた・・・・。

———


続きを読む

純朴な彼女の恥じらう仕草や喘ぎを我慢する様子がエロかった思い出

結婚8年の34歳、妻は30歳です。 
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。 
あの女性は処女かな?とか、あの人は結婚指輪してるけど、どんなセックスするのかな?とか、清純そうな顔した若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想をめぐらしてしまいます。

そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。 
私は次男坊なので、親元を離れて県庁所在地の大学へ進んで、卒業後も故郷へは帰らずそのまま居つきました。 
就職して、アパートを大学のそばから通勤環境の良いところへ引っ越した時、隣の部屋にも同じく越してきたのが元カノで、短大1年生でした。 
元カノは大人しい控え目な田舎の女の子で、純朴な見た目で押しに弱く、お隣同士で仲良くなって2ヶ月ちょっとの6月中旬には、私に処女を奪われていました。 
元カノの部屋は交通の便を優先したせいか郊外にある短大から少し離れていたので、友達が尋ねてくることはほとんどありませんでしたから、元カノが快感を知ると週末はヤリッ放し、週中でも帰りが遅くなければエッチしていました。 


続きを読む

挿入が怖くて互いに愛撫をし合っていたけど、ある日の体験で・・・・・

学生時代にお付き合いしていた男性は、10歳も年上の会社員でした。


私はまだ処女でしたが、強引にセックスを求めてこない彼に対し、同世代の男子学生にはない大人の余裕みたいなものを感じ、いつかは彼と結ばれたいと思っていました。


最後の一線をなかなか越えられなかったのは、ただ単に挿入時の痛みが怖かったからです。


当時の私は生理用のタンポンすら怖くて入れられず、男性のモノを受け入れるなんていう勇気はありませんでした。


挿入そのものは拒みながらも、私は彼に身体を触られる事自体に抵抗はなく、むしろ歓びを感じていました。


彼が1人暮らしをしている部屋に行っては、何時間も彼からの愛撫を受けていました。


続きを読む

巨乳の女の子を痴漢から助けたら肉体関係を求められた・・・・・

私は毎日電車通勤をしているのですが、同じ車両でよく見かけるOL風の女性がいました。


磯山さやかに似た感じの美人で、胸の大きい女性です。


ほぼ毎日会うので気になっていました。


ある日、その女性が私に


「すみません、痴漢です!助けて下さい」


と言うので、女性の方を振り向くと、その女性が痴漢されているではありませんか!


私はその女性に痴漢をしている男の腕を掴み、


「何やってんだ!」


と満員電車の中で騒いでしまいました。


続きを読む

ものすごい名器のコンパニオンとセックスしたが衝撃的な事実が判明・・・・・・

俺は肩までどっぷりオッサンに浸かった40代。


これまで結婚に2回失敗した。


1回目は20代前半でモデルの女と結婚して、1年も持たずに離婚した。


本当に若気の至りというか、結婚も離婚も勢いでやっちゃった感じ。


元嫁は出産のため帰った実家から、一方的に離婚届を送りつけてきた。


その後も顔を合わせる機会はなかったが、今じゃ再婚して幸せにやってるらしい。


続きを読む

我慢できずに車内でおしっこ → 彼氏が大興奮www

今年のゴールデンウィークは、彼氏と2人、車でおでかけ。


ある程度の渋滞は覚悟していたものの、暑さのため水分を摂りすぎた私は、渋滞に巻き込まれた車の中で尿意を催してしまった。


「なんかお手洗いに行きたくなっちゃった…」


と呟く私に、


「ほら、ジュースばかり飲んでるから…」


と呆れる彼。


「そんな事言ったって、しょうがないじゃん…」



と私が口を尖らせると、彼は笑いながら



「いざとなったらあるから」



とダッシュボードを指差した。


続きを読む