巨乳の女の子を痴漢から助けたら肉体関係を求められた・・・・・

私は毎日電車通勤をしているのですが、同じ車両でよく見かけるOL風の女性がいました。


磯山さやかに似た感じの美人で、胸の大きい女性です。


ほぼ毎日会うので気になっていました。


ある日、その女性が私に


「すみません、痴漢です!助けて下さい」


と言うので、女性の方を振り向くと、その女性が痴漢されているではありませんか!


私はその女性に痴漢をしている男の腕を掴み、


「何やってんだ!」


と満員電車の中で騒いでしまいました。









その時ちょうど電車が駅に着いたものだから、痴漢男は私の手を振り切って逃げて行きました。


追い掛けようと思ったのですが、私も会社があるものですから、深追いは出来ませんでした。


その後、私が降りる駅に着くと、痴漢に遭っていた女性も降りてきて

「本当にありがとうございました!お礼がしたいので、今夜会っていただけませんか?」

と言われました。


私も悪い気はしなかったので(ちょっと下心を持ちながら)、今夜19時に駅前のコンビニで待ち合わせという事で、その場は別れました。


仕事が終わって夜になり、時間になったので待ち合わせの場所へ向かいました。


すると着替えて来たのか、朝とは違う服装で、胸元の大きく開いたセクシーな服で待っていました。


目のやり場に困るくらい大きな胸で、服から胸がはみ出しそうでした。


名前も分からなかったので、名前を聞くと

「ユカリです」

と紹介されました。


私も簡単に自己紹介をした後、彼女にちょっとお洒落な居酒屋に誘われました。


いい具合に酔ってきた頃、

「実は最近彼氏と別れて寂しいの・・」

と突然の告白。


「俺、あなたの事綺麗だなって思ってて、抱いてみたいなって思ってたんですよ」

と間髪入れずに言うと

「私も、あなたの事が気になってて・・だからお礼方々、お誘いしたの」

私も彼女も体が疼いて我慢できなくなったので、2人でそのお店を出ました。


ホテルに誘おうと思ったら、逆に

「もう濡れてるの。抱いて」

と言ってきたのでそのまま2人でホテルに入りました。


バスタブにお湯を張って待っていると、ユカリは豊満な胸を恥ずかしそうに、隠しながら脱ぎ始めました。


俺も硬くなるチンポを隠しながら、服を脱ぎました。


さすがに服を着ていても分かるくらい豊満な胸。


ブラを脱いだところで、

「オッパイのサイズはいくつ?」

と2人でお風呂に入りながら聞いてみると

「95cmのGカップなの・・・大き過ぎて恥ずかしいの・・」

「そんな事無いよ、俺のチンポも喜んでるよ!」

といきり立ったチンポを、彼女の前に差し出した。


すると、彼女はオッパイでチンポを挟みながら、フェラをし始めました。


自分でも自信がある太いチンポなのですが、俺のチンポがすっぽりと隠れてしまいました。


俺のチンポが見えなくなったのは初めてでした。


亀頭部分しか出なかったのですが、丹念に舐めてくれました。


揺れる水面、揺れる胸、そしていやらしくピチャピチャと咥える小さな口。


もう我慢できなくなり、風呂で洗うのもそこそこにし、ベットに移り抱き合いました。


ユカリの秘部に触ると糸を引いており、俺を迎える準備が出来ていました。


コンドームを探していると

「今日は安全日だから生で入れて良いよ」

と嬉しいお言葉。



彼女の気が変わらないうちにと、ゆっくり挿入していきました。


「あっ、太いからちょっと痛い!」

と悲痛な叫び。


俺も一気に挿入したい気分を抑えながら、ゆっくりゆっくりと腰を動かしました。


そのうちユカリのマンコも俺の太さに慣れてきたのか、だんだん感じ始めました。


「あっあっあっ・・・あなたのチンチン気持ちいぃっ!」

顔に似合わない卑猥な言葉。


俺のチンポを包みこみ、吸い付くような、ユカリの膣。


愛液で俺の動きはスムーズです。


座位になり腰を動かすと、彼女の子宮が俺の亀頭にコリコリとぶつかります。


(あ~気持ち良い~)

そんな思いを堪能していましたが、俺も射精感が近づいて来たので、

「俺、イキそうなんだけど・・・」

と言うと、

「もうちょっと待って!いま子宮にあなたのオチンチン擦れて気持ち良いの!」

「だってこのまま動かしてたら、抜くタイミングが・・・」

と言うと

「良いの!このままもっと激しく動かして!中に出しても良いから!」

と哀願してきます。


こうなったらシメたもの。


こんな巨乳の美人に中出しなんて滅多にありません。


「中はマズイだろう?子供できちゃったら」

と心にも無い事を言うと

「あなたの子供なら・・子供が出来ちゃってもいい!あっぁぁぁぁ・・・イック~!」

ユカリは、1人で果ててしまいました。


太ももが痙攣していました。


俺ももう我慢できなくて

「イキそうだ!どこに出す!?」

と聞くと

「中で出して!私の中にいっぱい出して!来て~~!私ももう一回イク~~~!」

俺も

「あ~ユカリのマンコの中にいっぱい出すからなっ!うっっっ~・・・・」

2人同時に快楽の絶頂を迎えました。


こんなに気持ちの良い射精は久しぶりでした。


チンポを抜くと、白濁の精子がユカリの膣の中から出てきました。


「また今度、いっぱい私の中に出してねっ・・・^^」

そんな言葉が彼女から・・・。









おすすめ記事

記事ランキング

コメント

名前