人妻の娘に性交がバレたので条件を提示してみたwww

真衣は、人妻由美子の娘だ。


由美子は、元旦から俺にたっぷり犯され調教されたきた性奴隷だ。


..詳しい事は後日書く事にする。


旦那が単身赴任で留守な事を良い事に、俺は頻繁に家に出入りし、彼女

を外出させたりしていた。


「堪忍してください」

と涙ながらに言ってくるのだが、元来Mの気があったようで、強く命令

してやると、最後は命令を受け入れる。


色々最もらしい理由をつけ誤摩化しているようだとはいえ、流石に娘も

何かを感じたのだろう。


隙を見て、母親の携帯を調べたのだ。


.


其処には、俺との日々の証が。


.

意を決して俺に電話してきた。



続きを読む

うちの妻が浮気するかどうか友人に相談してみた結果・・・・・

再婚相手の今の妻はみどりが結婚後も続けていた仕事を辞めたのは職場の上司に言い寄られたからでした。 
割とおとなしい性格のみどりはバンと跳ねつける事が出来ないでそれとなく私に相談してきました。

その時はその上司に腹が立って会社に行くといきまいていたのですがみどりにどうしてもやめて欲しいといわれてとどまりました。 
それから時間がたつほどに「本当に言い寄られただけで、何もなかったのか?」という疑惑が湧いて来てそれが抑えれなくなってきました。 
ただ、依然みどりと夜のHのさなかに冗談で「みどりは結婚してから浮気はしてないの?」
と聞いたときに「なにそれ!」ととてもきつくしかられたことがあり冗談でも聞きにくい状態でした。 
そのイライラが溜まっていたときに友人の東に東の奥さんの浮気話をされました。 
東の奥さんはみどりと違いとても肉感的でHは雰囲気を常にかもしだす大人の女のと言う感じなので 
東に「浮気をされてまいったよ」と言われた時も浮気が似合うよなっと思ったくらいでした。 
東は奥さんの浮気に悩んでいる様子もなく「浮気してからやけに夜も激しくなった」 
「知らん振りしてるのも主導権を握っているようでいいぞ」などと言っていました。 
理解できない内容だったのですがその話をきっかけに自分の疑惑を東に話しました。 
「みどりちゃんはうちのと違って浮気するタイプには見えないけど」 
と東も笑っていうのですがどうしてもその疑念が解けない私は東にいろいろと小さな気になることを話しました。 
私があまりに熱心に訴えるので「じゃ、みどりちゃんが浮気をするかどうか俺がためしてやろうか?」と東が言い出しました。 
さすがに即答できずその場は笑って終わったのですが


続きを読む

巨乳でエロい自慢の彼女が兄としていた会話に言葉を失いました・・・・・

———

高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。 
まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。
"ロリ巨乳"という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。 
チサトを狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。

そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。 
最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも「ラブラブだな」とよく言われる。 
未だにチサトに交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。 
お互いに浮気なんてしなかったし、俺はチサトとの結婚まで本気で想像していた・・・・。

———


続きを読む

クラスメイトとなかなかありえない体験をしてきたwww

つい三日ほど前、なかなかにありえない体験をしたので投稿してみた。

専門学校に通う20の俺は、多少親父くさいがジョギングを趣味にし、毎晩近くの公園に走りに出かけている。 
ここは同じようにジョギングをする人、犬の散歩をする人、イチャつくカップルと老若男女問わず夜でも利用する人が多い公園だった。

明日は日曜日で学校がない俺は、普段走っている大き目の舗装コースから少し外れて、野外ステージや噴水、小さめの滝がある場所へ走りに行った。 
普段と違うコースで、いつもと違う新鮮な景色を楽しみながら走っていた俺は、ふとベンチに人影があるのを見つけた。 
最初はイチャついてるカップルかと思って無視して走りぬけようとしたのだが、どうやら一人で座っている。

それでも人の多い公園なのだから、そういうこともあるだろうと無視して走り抜ければよかったのだが、ついつい目がそのベンチの人影に行ってしまった。


続きを読む

俺を励ましてくれた女先生に初めての相手になってくれと告白したら・・・・・

当時、俺は特に暗いわけでもなく、かといってクラスの中心的存在でも無いごくフツー 
の高校3年生で、年相応に色気づいて身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、 
実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という奥手な高校生だった。 
異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、不満はないけど満足感には欠ける少なくとも 
青春真っ盛りという生活とはかけ離れた毎日を過ごしていた。

一方、勉強面はといえば、私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、そっちの 
方面はそれなりに忙しかった。 
特に3年になると正規の授業の他に「補講」と呼ばれる週2回放課後に実施される受験 
対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択 
した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。


その補講で俺は英語と古典を選択していた。 
大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて 
受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々 
古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の 
先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。 
つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があれば 
いいなーというやや不純な動機もあったってわけなんだ。


続きを読む

出張中に部屋の掃除係の女性が気を失うまでハメまくりました

あれは九州のとある市に長期出張していたときの事。 
その頃は多忙を極め、連日深夜帰宅の毎日だった。ついに手詰まりの状況となり、工場の現場サイドとの直談判が最後の手段となった。 
進捗状況をチェックする為、現場に張り付く事に。片道切符で・・・帰りは一週間後か?10日か? 
実際には12日間だった。同じBHに11泊したのだった。 
工場の終業は17:00なのだが、いつも21:00過ぎ迄いた。それから隣接した社員倶楽部で工場の関係者や、連日出先から来る出張者と入れ替わり立ち代わり一杯やってホテルに帰る毎日だった。 
ホテルでは2日に一度はマッサージを呼んで疲れを癒すのが一番の楽しみだった。このホテルにはマッサージ師が常駐してなく外からの派遣だった。そのせいかおばさんはいなかった。みんな結構若かった。しかしエロい展開は一切無し。その話題になると・・・そう言う事は街にいくらでもあるからそこでと軽くいなされるのだ。行為そのものはないが下ネタ話は結構盛り上がった。木曜からスタートして金、土(会社は休みだが休出してた)日曜は流石に休み。


続きを読む

中3のとき爆乳の後輩をレイプした結果・・・・・

中学3年生の9月頃。 
土曜日の午後三時過ぎ、家から徒歩5分程の距離にあるコンビニに立ち寄る際に、窓ガラス越しに身に覚えのある女子が一人いました。 
彼女は、同じ中学の1年後輩でよく昼休みに図書館で見かけていました。 
眼鏡を掛けた少々ブサイク顔のぽっちゃり体型でしたが、服の上から分かる程盛り上がった爆乳の持ち主でした。 
彼女は本棚で雑誌を読んでおり、俺は彼女の横に回り込みました。 
俺も週刊誌を手に取って読むふりをしていましたが、目線は完全に爆乳に向いていました。
Tシャツの胸元から覗かせる白いブラジャーに包まれた二つの巨大な膨らみは、彼女が動く度に小刻みに揺れ動き俺の息子は半勃ち状態になります。 
今度は顔を少し彼女に近づけてみると、汗ばんだ乳臭い匂いが乳房から漂ってきました。 
その香りを味わっていると彼女は雑誌を棚に戻してコンビニから出て行ってしまった。 
俺も慌てて彼女の後を追ってみた。 


続きを読む

キツイ顔立ちの美人がイケばイクほどイクのが止まらなくなってエロすぎたwww

大学2年当時のお話。


俺は親元を離れて、1人暮らしをしていた。


冬も近くなっていた頃、バイトが終わってアパートの最寄り駅に着いた時の事だった。


改札で、学部は違うが同じ大学の同級生で女友達のKに会った。


1年生の入学間もない頃、俺は色んなサークルやら部活やらを見て回っていて、そこで2,3回同じ顔を見かけたのでどちらからともなく声を掛けて彼女と友達になったのだ。


でも友達と言っても、電話番号は交換したけど、共通の友人もおらず、2人で遊んだ事もなく、たまに学校で会った時に話したり食堂で飯を食ったりしたぐらいの関係だった。


続きを読む

父に言われ成人式までお手伝いさんとセックステクの練習をした結果・・・・・

俺の実家での話なんだけど、18歳の誕生日から20歳の成人式までの2年間、セックストレーニングをさせられた。 
俺は今24歳。 
俺の実家ってのは、西日本の某県である町の名士。江戸初期から続く老舗。 
いろいろ家訓があってね。 
たとえば 
≪男は十五になるまで婦女子とまぐわうべからず(セックスするなってこと)≫ 
≪一五の成人からは、嫁を娶る(めとる)術(すべ)を学び子孫繁栄の術を身につけるべし≫ 
≪色に狂うは地獄への坂道なり。女遊びするべからず≫ 
とかね。もちろん稼業に関すること。生活や近隣住民との付き合い方などいろいろな家訓がある。 
小さいころから厳しく育てられてきた。時代が違うって感じだが、代々そうしてきたからね。俺自身は不自然にも不服とも思わなかった。 
ただ、十八歳の誕生日のとき、度肝抜くようなことが起きて、それから二年間俺はみっちり嫁を迎えるための準備をさせられた。 
なにかと言うと上に書いた家訓の2個目ね。昔は15歳は成人式だが今は20歳。 
で、20歳までの2年間、みっちり子作りのための練習をさせられたわけ。


続きを読む